TOPICS

蝸牛型メニエールが鍼施術3回で完治安定した症例

お知らせ

再発した蝸牛型メニエールが鍼施術1回目から改善、3回目後の聴力検査結果は完治、5ヶ月間の耳鼻科通院も終了した症例です。

【2021年12月21日】右耳つまり感、自分の声が二重にきこえる蝸牛型メニエール発症

【2021年12月24日↑(発症時)】耳鼻科受診 診断名「蝸牛型メニエールの疑い」ステロイド治療2週間開始、イソバイド、メチコバール、アデホスコーワ処方される

 

【2022/01/06 ↑(鍼施術前) 】ステロイド治療後、左耳は250Hzが25dBですが改善。

右耳も250Hzが40dB→25dB、500Hzが50dB→25dB へ大きく改善。

右耳125Hzは30dB のまま改善なし。

 

【2022/01/21 ↑ (鍼施術前)】左耳は1000Hzと8000 Hz が更に5dB 改善。左耳250Hzと500Hz は25dB。

右耳も125Hzが30dB→25dB へ改善。右耳他は全く変化なし。

 

【2022/02/09 ↑ (鍼施術前)】全て正常値の20dB 以上となり完治。ところが…

 

【2022/03/15 ↑ (鍼施術前)】完治するも約1ヶ月後に再発。

今回はいままでは下がらなかった右耳1000Hzも25dB。思い当たる原因「仕事が忙しかった」

ステロイド剤は処方されず、メチコバールとアデホスコーワの処方。またイソバイドは飲みにくいので代わりに五苓散となった。

 

【2022/04/13↑ (鍼施術前)】再発からヶ1月後、右耳250Hzが35dB 以外は改善。

【2022/04/21】初めて当院へお越し頂き鍼施術1回目 辛い症状「右耳人の声や音が響いてきこえる、肩こり」

【2022/05/09】鍼施術2回目 「1回目鍼施術後から響いてきこえるのは少なくなった。音によって響くのではない。時によって響く。規則性はない疲れると響く。低音の耳鳴りも減った」

【2022/05/19】鍼施術3回目 「鍼施術 の翌朝 はスッキリしている。明日、耳鼻科受診日」

【2022/05/20 ↑ 】鍼施術3回目翌日の聴力検査結果。全て正常値の20dBを超えて左右も揃いとても良い聴力を回復されました! 5ヶ月間続いた耳鼻科通院も一旦終了! おめでとうございます!

【2022/06/13】鍼施術回4目 「良くなった。もう治らないかと思った」

【2022/07/11】鍼施術5回目   良好安定を維持されています。鍼施術も一旦終了です!

1. 当院に通われてどのくらい経ちますか?

1~5回

 

2. 当院へいらしている、一番つらい症状は何ですか?

・耳鼻咽喉科疾患:耳 (蝸牛型メニエール 耳鳴り 音が響いて聞こえる)

・耳鼻咽喉科疾患以外:肩こり

 

3. 一番つらい症状に対して当院の施術効果はいかがでしょうか?

効果を感じている

 

4. 当院についてご自由にお書きください。「施術を受けられての感想、他院との違い、ご希望、院内の雰囲気」などなんでも結構です。お気づきの点をお寄せください。

この病気を理解し、治療してくださっているということが最大のポイントだと思っています。また、施術は他の方と一緒に受けるということもない為、心身共にリラックスして受けることができます。施術1回目から明らかな効果を感じとても驚きました。回数を重ねるごとに気になっていた症状は改善し、日常生活では、ほぼ気にならないところまで改善しました。
実は鍼治療未経験、自宅から治療院まで距離があることを理由に施術をお願いすることを迷っていました。結果的にもっと早くに治療をお願いしていれば良かったと思いました。もし、私のように迷っている方がいるのであれば、まず1回受けてみることをお勧めします。

 


【診断名(ドクターが付けた病名)】

 初診時(12月24日)『蝸牛型メニエールの疑い』

 再発時(03月15日)『蝸牛型メニエール』

 

【処方された薬】

ステロイド14日間服用を1回

メチコバール

アデホスコーワ

イソバイド2月迄、服用辛く3月から五苓散

 

【主訴(患者さんの一番つらい症状)】

右耳人の声や音が響いてきこえる、右耳低い音の耳鳴り

 


アンケートにお答え頂きどうも有難うございます。

Acureより

お忙しいなか、頑張って遠方からのご来院有難うございました!完治おめでとうございます!耳鼻科クリニック(診療所)も休診となる年末に、初めて蝸牛型メニエールを発症され不安だったのではないでしょうか。ただ、冬休みでしっかり静養できたのでしょうか、2月に完治されるも3月に再発。再び発症する間隔は皆様それぞれ全く異なります。蝸牛型メニエールの原因は、過労、ストレス、脱水です。脱水は、水分摂取が足りていない為、脳が排尿しないよう指令を出して身体の水分を保とうとすることが循環障害となり内耳の水ぶくれが生じ、蝸牛型メニエールを発症させるというのが機序(起こるしくみ)です。また、鍼施術は肩こりや疲労回復に有効です。繫忙期前にまたぜひお越し頂きたいです。引き続きお大事になさってください。