TOPICS

低音障害型感音難聴に対する鍼の一症例4

低音障害型感音難聴 鍼の症例

 

1. 当院に通われてどのくらい経ちますか?

1~5回

 

2. 当院へいらしている、一番つらい症状は何ですか?

耳、低音障害型感音難聴(聴力の低下、圧迫されるような閉塞感、耳鳴り、聞こえている音が異常に反響する)

 

3. 一番つらい症状に対して当院の施術効果はいかがでしょうか?

効果を感じている

 

4. 当院についてご自由にお書きください。「施術を受けられての感想、他院との違い、ご希望、院内の雰囲気」などなんでも結構です。お気づきの点をお寄せください。

最初の施術の約一週間後の病院の検査で聴力が回復しました。2回目の施術後は閉塞感、耳鳴りの症状がほぼおさまりとても快適になりました。

院内もとてもリラックス出来ます。日常生活でのアドバイスも頂きAcureさんに出会えて本当に良かったです。

 

 

アンケートにお答え頂きどうも有難うございます。

小泉より


当院初回は、発症から2ヶ月余り経過。発症数日後にステロイド点滴10日間で少し改善するも、


125Hz、250Hz、500Hzの聴力が50dBのまま治っていない症例でした。


低音障害型感音難聴、メニエール病も生真面目な人に多いと言われています。


異なる種類のストレスが重なったときは要注意、免疫力が低下し病気を発症しやすいです。


ひとつのストレスに対しては慣れてきても、それ以外のストレスには弱かったりします。


例えば、仕事が忙しいときに家族が病気になったり、事故に巻き込まれたり。


低音障害型感音難聴が働き盛りの女性に多く発症するのは、仕事、育児、介護、家事など


対応の異なる忙しさが重なることも原因です。


生真面目な方がゆるくなっても大丈夫。


いまはご自分の耳を大切にされてくださいませ。